読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

永い言い訳

西川美和監督の最新作。ああ。これは良かった。。 nagai-iiwake.com 人間の弱い部分、嘘をつく瞬間、そういう突きつけられると辛くなるような部分を描くのが本当にこの監督は上手だ。 妻を裏切っていた、ずるくて気の小さい男。妻にずっと許され続けてきたの…

だれかの木琴

少し期間があいてしまいました。映画熱は冷めることがなく、進富座へ月数回通っています。ちょっと忙しくてアウトプットが追い付いていません。 さて。だれかの木琴。 「サスペンス」と書かれていたため怖いの苦手だし観ようかやめようか迷ったんですが、常…

進富座に思いを馳せる

23日に伊勢 進富座で2本映画を観てからというもの、進富座にばかり思いを巡らせています。 11月・12月のシネマスケジュールを眺めては手帳と見比べ、あれも観たいこれも観たいと、映画を観たいのか進富座という場所へ行きたいのかわからなくなっています。 …

湯を沸かすほどの熱い愛

少し前ですが「湯を沸かすほどの熱い愛」伏見ミリオン座で観てきました。 レビューを読むと賛否両論ですが、私はとても良かったし、後半はもうダメだとハンカチを握りしめていました。 宮沢りえはもう、この人はなんでしょう! いつまでもこの人には光が当た…

ある天文学者の恋文

ミニシアター熱が再燃しています誕生日に伊勢進富座という映画館で2本観てきました 「ある天文学者の恋文」ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作湖水地方の映像がきらきらと美しく、ロマンチストな男性の夢が詰まった映画です。ああ、美しい映画って、本当…